長崎くんちの手ぬぐい

先日開催された「長崎くんち」は、台風の影響で、順延になったりでしたが、
うちの会社に「庭先廻り」で来てくださった踊り町さんは4ヶ町。

・・・・「庭先廻り」とは、踊り馬場で奉納を行った後、各企業や民家の入り口前で
演し物の一部を披露することです。


ご披露くださる前に、この「呈上札」を置いて行ってくださいます。
「もうすぐ廻ってきます」の合図でもあります^^
b0300819_1046133.jpg

呈上してくださった踊り町さんには、「御花」と言って、
のし袋に金銭を入れて「ありがとうございました」と言う意味を込めて差し上げます。
(あっ、うちの会社の場合ですね。)

その御礼にいただくのが、各町さんがそれぞれの出し物を絵柄にした
「手ぬぐい」 奉納踊りの際に「巻き物」としても使われています。

「傘鉾」の上にのった白い像さんが可愛い^^「桶屋町」
b0300819_13585017.jpg


白とえんじ色は、オランダ万歳の「栄町」
ななめに置いてある ◇◇◇ のデザインは、「鯨の潮吹き」の万屋町さん
b0300819_13591718.jpg


きれいな濃いピンク色は、老舗料亭「花月」もある「丸山町さん」
b0300819_13595196.jpg


今年は6ヶ町の出演でしたが、見れたのは4ヶ町でした。
この「手ぬぐい」を眺めるのも「長崎くんち」の楽しみでもあります^^
これを使って、バッグを作ったり、パッチワークにしたり、

器用な方は、いろいろと思考を凝らして作られているようです。
イメージだけ何となくうかぶのですが、実行に移すにはまだまだ余裕がない。
・・・いつか そんな趣味も持てるといいなぁ・・・
[PR]
by yururinn2 | 2013-10-18 11:19 | わたしの街